本文目次関連項目

役者・本書き『藤谷文子(Ayako Fujitani)』公式サイト制作

藤谷文子公式サイト『ayablue』デザイン © Shinichi Takai

2000年、庵野秀明監督との打ち合わせで、藤谷文子と云う女性と出会い。
所属事務所からの依頼で、2001年に作ったのが初版。

母の命日が、彼女の誕生日。
絵描きと作家は、趣向など、いろいろ共鳴するところあり。
アンジーの解散コンサートや、鍾乳洞に冒険にも行くほどの仲となった。

独自ドメインも二人で考え『ayablue』と。

彼女が事務所を移籍。
写真素材の著作権の問題などあり、サイトは一旦閉鎖。

改めて、役者・本書き『藤谷文子(Ayako Fujitani)』ウェブサイトをデザイン。

イラストは、寺田克也さんに。
英語版のプロフィール翻訳は、チャド・マレーンに。
彼女との縁で知り合った人々とコラボレーション。