Rapha
企業情報

社名の由来

広大なネットの旅に寄り添うことが務めであるため、ラファエルの名からいただきました。

ラファエル(英: Raphael)とは、ヘブライ語で「神は癒やす(神よりの薬)」という意味です。聖書は、天使の名、ガブリエル、ミカエル、ラファエルを記していますが、エル(el)は、セム系の言葉で「神」を表しています。たとえば、ガブリエルは「神の人(神は私の勇士)」、ミカエルは「誰が神のようであろうか」という意味です。

ラファエルは、旧約聖書のトビト記において、神から遣わされ、人に姿を変えてトビアの旅の道づれとなり(トビ5:4)、あらゆる危険から守り、よい縁に導き、悪魔に取りつかれたトビアの花嫁サラを救い出し(トビ8:2-)、父トビトの目を治した(トビ11:7)天使として描かれます。このトビト記において、ラファエルは自らを「栄光に輝く主の御前に仕えている七人の天使の一人」(トビ12:15)と名乗り、聖なる人の祈りを神に執り成しています。

エノク書では、堕天使の罪により汚れた地を「癒した」とされます。死海文書にも記述があり、古代ユダヤ教のラビによれば、アブラハムに 3番目に現れた天使で(創18:2-15)、高齢のサラに子を生む力を与えた天使ともされています(創18:12参照)。

旅人や若者の守護の天使とされ、祝日はガブリエル、ミカエルと同じく、9月29日です。

Raphaロゴイメージ
© 2000-2022 Rapha
発行所  有限会社 ラファ