本文目次関連項目

映画『アズールとアスマール』公式サイト制作

三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー作品 映画『アズールとアスマール』公式サイトデザイン © Shinichi Takai

3Dアニメというと、実写にいくら近づけるか…と云う方向性が多く見受けられ。
セルアニメと3Dのバランスが悪さに、違和感も覚えた作品も多い。

最近では、無機物と有機物の住み分けができて、それぞれの表現差も埋まりつつある。
けれども、この映画は、デジタルを独特の切り口で突き詰めた作品。

デジタルの弱さを逆手に取り、ここまで豪華な色合いや、神秘的な表現で目に映るとは驚き。
幾何学から生まれる美の神秘。

展開するのは、子供の頃に夢見たような冒険物語。
心が躍りつつも、肌の色、文化や習慣と云う世の争いを憂いたりもする。

色彩の美と物語。
それを伝えたいと思いながら、公式サイトを制作。
右上の本の「出発」を押して、一足先に、この素敵な世界をご覧ください。

ジブリ美術館でも、催し物、開催中。

2007-08-01 追記
2007年7月『アズールとアスマール』が、シネマぴあ 満足度調査で一位とのこと。
ウェブサイトを作っただけですが、妖精を華麗に飛ばすために、コツコツ座標を計算。
努力が報われた。