本文目次関連項目

フレデリック・バックの映画(短編四作)公式サイト制作

三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー作品 フレデリック・バックの映画(短編四作)公式サイトデザイン © Shinichi Takai

2011年夏。 東京都現代美術館にて開催される、フレデリック・バック展(L'Homme qui Plantait des Arbres)。

フレデリック・バックの作品と、波乱万丈の人生を1000点もの展示作品で紹介、世界初のスケールとなる展覧会に御座います。

展覧会開催期間中、神保町シアターにて『木を植えた男』『クラック!』『トゥ・リアン』『大いなる河の流れ』と、アカデミー賞受賞作を含む短編四作品の劇場公開が決まり、公式ウェブサイトの制作、任せて頂きました。

世界のアニメーション作家に決定的な影響を与え至宝とも評される、フレデリック・バック。
高畑勲監督、宮崎駿監督も、御多分に洩れず。
ゆえに、此度上映されるのは、高畑勲監修、新字幕・ニュープリント版なり。

バック作品は、見えている線が、次のコマで、どんな展開を映し出すのか予測できず、目が離せない。
懐かしくも新鮮に感じられるわけで、ながら見では補完する事が不可能なのだと思い知らされる。

アニメーションの生来持つ性質、天地創造と云っても過言ではない、創造の自由。
改めて、幾度となく、心に触れてくる。

演算処理により得られた刺激的リアリティとは対極、曖昧な性質の心像による思い出。
内面からの刺激で、感覚を呼び覚ます方法を何処かに忘れてきてはいないか?と、考えさせられる。

記録されたデータを見るのと、人間が思い出す記憶の違いなのかも知れない。

初日は、西村由紀江さんのトークショーなど、盛りだくさんの内容です。