本文目次関連項目

三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー公式サイト制作

映画『王と鳥』も、最初は渋谷だけでの劇場公開でしたが、あれよあれよというまに、全国のあちこちで公開されることになり、いまだ続いています。

『三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー』公式サイトデザイン © Shinichi Takai

その映画『王と鳥』のDVDが、2007年4月4日にブエナビスタさんから発売されます。
実は、すでに数年前DVDで発売されていて(私も所持)いるのですが、今度発売されるものは、「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」マーク入りですし、パッケージも特典も盛りだくさん。

そして、今後も宮崎駿監督や高畑勲監督をはじめ、ジブリに影響を与えた世界の名作を上映していくべく、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー事業が展開されることとなり、本日、記者発表がありました。
…ま、当然ながら知っていたのですが、ようやく人に話して良くなった訳です。

「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」のサイトは、館長も日誌を更新されるとのこと。

3Dを多用したり均一化された表現の最近のアニメに飽きている方、アニメショーンという表現の可能性の再発見をしたい方、またクリエイターを志す方。
ジブリ美術館が推奨する世界の名作をは見ておいて損はないと思います。

映画『王と鳥』のサイトも、ジブリドメインから、ジブリ美術館のドメインに移転し、DVD発売に向けてリニューアルしました。

今回は、天野ひろゆき(キャイ~ン)さんのインタビューが公開されていて、発売まで今後も様々な企画が用意されているようです。

ロシアのアニメーションである『春のめざめ』も、サイト内の予告編を見ていただければ、動く油絵とことが理解していただけると思いますが、とても美しい絵です。

こちらは2007年3月14日に公開。

あぁ、スタジオジブリ公式サイトのトップページも年末に作り変えたのでした。

ウィンドウサイズを変えても、常にキレイなトトロマーク。
映画差込用のビットマップしかなかったので、ベクターにするのに結構苦労。