本文目次関連項目

DVD『チベット死者の書』(語り:緒形拳)公式サイト制作

ジブリ学術ライブラリー作品 DVD『チベット死者の書』公式サイトデザイン © Shinichi Takai

宮崎駿監督が、『もののけ姫』を作りながら、繰り返し見ていたと云う、NHKスペシャルのドキュメンタリー『チベット死者の書』なるものが存在する。

此度、その公式サイトを制作させて頂き候。

そう云えば、『もののけ姫』は、映画館で観た第一印象に留まらず、時間をかけて見方が変わる作品だった。

全体として何を伝えたいのか把握しきれないまま映画が進み、テーマが膨大だったからなのか、ともかく漠として、見終わった達成感など見つからない程、説明のつかない感情が溢れ出して足元からあたり一面まで広がり続けているのだから。

けれども、何度か歳月を重ね繰り返し観ていると、自分なりの解釈ができる部分も多くなり、時々また観たくなる映画におさまったものだ。

驚いたのは、ドキュメンタリーで『チベット死者の書』の内容を語るのは、最後まで潔い姿で、つい過日亡くなられた、緒形拳さん…。

人類という種の生命の移り変わりを川に喩えるなら、少子高齢化は、よどんでしまった状態かも知れない。

古い水は、いつまでも留まろうとして、湧き出した新しい水は清く流れたくてもゴミや汚れで、ぬったりとした異臭を放ち、サラサラとは流れられない状況。

否、現在の世界人口爆発状態は、ヘドロの溜まった底なし沼に、雨がシトシト降る程度の代謝と表現するべきか。

我が世 誰ぞ 常ならむ ── と、云うではないか。
ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ ── とも。

充分に生きた人間が、欲や恐れで死を先送りした結果であるのに、短絡的に平均寿命が延びたと喜ぶなんて。

どんな環境や状態であろうと、その後の苦労がどうあろうと、単純に、生かすことが善で良いのだろうか。

チベットの人々は、誰にも必ず訪れる死という現象を、世代を超えて生活に浸透または共有することで、恐れること無く、心豊かに幸せを感じながら生涯を歩む。

自らの死に正面から向き合う事は、これからの日々の生き方を考えると云う事なのだから。

ジブリ学術ライブラリー作品『チベット死者の書』とは、過去に放送されたNHKスペシャルのドキュメンタリー番組を、スタジオジブリ・宮崎駿監督が推薦して現代に伝えていく試み。

宗教を押し付けられるわけでも、死に対して、難題をつきつけられるわけでもなく、そう云った人間が区分けした国や宗教等の概念を超越して、例えば、悠久の木々がそびえる、伊勢や熊野、そして出雲の森、或いは、屋久島の縄文杉の樹林に抱かれたような荘厳さを感じるもの。
死を迎える心の有り様や、心の安定をもたらすものかと思います。

勿論、DVDにも収録されたダライ・ラマ法王の解説を推奨。

そしてまた、宮崎駿監督の映画『もののけ姫』を観ると、まだまだ沢山感じられるかと。